お問い合わせ

CSR/環境活動Environmental Practices

社会貢献活動

ソニーの社会貢献活動キャッチフレーズ「For the Next Generation(次世代のために)」を活動の柱に、
社会・地域のニーズを配慮し、社会・地域とのより豊かな関係づくりをめざし取り組んでいます。
社会貢献活動は、社員個々の成長と自己実現、そして従業員満足度向上にもつながっています。

1.教育支援活動

「ソニー・サイエンスプログラム」ワークショップの開催

ソニーグループでは、「ものづくり」を楽しむことにより科学・技術に興味と関心をもってもらうことが大切と考え、2007年から各地の小・中学生を対象とした科学のワークショップを開催しています。

キャリア教育支援

地域の「キャリア教育実践プロジェクト」を受け、2007年から中学生を対象に職場体験学習の場を提供しています。また高校生の就業体験や進路ガイダンスへの講師派遣も支援しています。

ソニー仙台フットボールクラブによる社会貢献活動

多賀城サイトのあるソニー仙台テクノロジーセンターに活動拠点を置き、弊社社員として働く選手も所属するソニー仙台フットボールクラブは、2004年より地域の子ども達に対してスポーツやサッカーを通じ、運動する事の楽しさや喜びを体験できる様々なプログラム を実施してます。

幼稚園、保育園の「キッズサッカープログラム」 、小学生を対象とした「夢の教室 」など地域の子ども達の生きる力を育む事や健全育成に寄与できる活動を展開しています。

2.環境保全活動

地域美化活動

本社/多賀城サイトでは、2006年から出勤時における出勤路のごみ拾い活動をスタートしました。
震災後一時活動を休止しましたが、2012年より活動時間、範囲を広げ
呼称「おらほの街のAAA*」として再開しました。年間延べ2000名以上の社員が参加しています。
現在は、地元工場地帯の事業所60社と共に活動中です。
豊里サイト、鹿沼サイトでも地域に密着した清掃活動を行っています。
*AAA: Aggressive Active All Freeの略で社員・組織主導型活動

自然観察会・体験教室開催

自然とふれあう観察・体験を通し、環境への関心を高め、豊かな自然や命の尊さ、さまざまな生き物と共生することの大切さなど、心を育てる活動を地域の公民館や自然保護団体と連携し2014年からスタートしました。

3.地域発展・活性活動

産業フェスティバルへの参加

豊里サイトがある登米市で開催される、地元企業のモノづくりを紹介する産業フェスティバルに2014年から参加しています。製品や技術の紹介のみならず、小学生を対象としたモノづくり教室も開催しています。


全体風景

登米市長へ光ディスクの説明

手作り電池モノづくり教室

4.東日本大震災からの復興

ブルーレイディスクで被災地応援

多賀城サイトで商品企画・生産されたブルーレイディスク被災地応援パッケージ「RESTART JAPANモデル」の売り上げの一部を、RESTART JAPANファンドへ寄付しています。

RESTART JAPANファンド
ソニーと公益社団法人 セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンが2011年6月に協働で立ち上げたファンド。東日本大震災の復興支援、特に次世代を担う子どもたちの支援をさまざまなプロジェクトを通じて実施しています。

RESTART JAPAN活動の一環として「ソニー・サイエンスプログラム」ワークショップを開催

「ソニー・サイエンスプログラム」ワークショップを被災地の小学校などに出向き開催しています。当初は東京圏のソニースタッフによる出前授業でしたが、2013年からは宮城県内のソニー事業所が連携し開催しています。

復興募金活動

私達は東日本大震災で甚大な被害を被りましたが、これまでたくさんの方々の真心に支えられ復旧・復興の道を進んでくることができました。しかし依然として支援を必要とされている地域がたくさんあることも現実です。風化させない「防災意識」「復興支援」を目的に、2014年から社員食堂と連携した募金活動をスタートしました。
~おいしく食べて復興支援~ 募金は「次世代のために」役立てられています。

Copyright 2015 Sony Storage Media and Devices Corporation